遮熱材 リフレクティックス

遮熱材 リフレクティックス

 断熱材は、熱を断ちません。断熱材に使われる発泡系材料は元々「熱吸収素材」のため、熱はいずれ伝わる「熱伝播遅効型素材」なので、時間がたてば熱くなり、また寒くなります。遮熱材 リフレクティックスは、熱を伝えない素材で、遮断工法省エネ率は63%なので、夏のエアコンの能力が37%で済む計算になります。
 断熱から遮熱の時代へと変化しています。熱移動の75%は輻射熱と言われていますが、輻射熱をカットする決めては反射率です。リフレクティックスは反射率99%でほとんどの熱線をはね返してしまいます。高い遮熱性能をもつリフレクティックスは、暑さ寒さを快適に過ごす事に寄与した環境に優しい素材です。

 リフレクティックス社が持つ優れた反射技術は、超高熱環境で使用する宇宙船および宇宙服の反射絶縁材料として宇宙産業に採用されました。リフレクティックスは、環境省CO2削減補助事業採用品、国土交通省不燃材料NM-0838です。

夏の暑さ対策


太陽から間断なく降り注ぐ「熱線」=「電磁波」は各物体に入り込み、各物体の構成分子を激しく動かし「輻射熱」を持ちます。リフレクティックスは「輻射熱」を反射させることにより室内の冷気を保ちます。


リフレクティックスの輻射熱反射率は99.999%です。室内から発生する冷エネルギーを外部に逃さず室内に戻してくれます。

冬の寒さ対策


輻射熱吸収率1%のリフレクティックスは、室外の冷気に対しても同等の効果を発揮します。室内の暖気も逃がさないので、暖かい快適な環境を保ちます。

結露 カビ対策


家屋の結露は、「カビ」を誘引します。カビ胞子は呼吸器系に悪影響を及ぼします。また、ダクトの結露は、エネルギー損失につながります。


左の加湿器から発生させた蒸気は断熱材を貫通し、その後いつまでも結露となって中に滞在しております。しかし右のリフレクティックスは、下からの蒸気を貫通することなく結露にもなりませんでした。

省エネ CO2削減


「夏は涼しく」「冬は暖かい」空間を常に保てれば、部屋のエアコンの稼働率も下がります。リフレクティックスは、コストだけでなく、省エネ・節電・CO2削減にも効果があります。


当社での実験でも、発泡系断熱材(左)とリフレクティックス遮熱材(右)の箱に、同条件で熱を加えたところ、約9℃の温度差が確認できました。(室温27℃ 30分照射)

騒音 電磁波対策


太陽から放射されると称される電磁波は「地球上の各物体に輻射熱」を持たせます。また、その輻射熱は電磁波と化して次の物体に熱移動します。その防衛は、リフレクティックスが持つ「電磁波の反射性能」で解決する事が出来ます。

【YouTube】遮熱効果実験

遮熱材 リフレクティックスの遮熱効果実験を弊社ショールーム「住まいのStudyRoom」にて行いました。
よろしければ、動画もご覧下さい。

このページのトップへ
木の注文住宅・リノベーション・店舗改装なら、東京・文京区菊坂の工務店
株式会社 辰建
Tatsuken Co Ltd.
〒113-0033 東京都文京区本郷4-34-15 TEL 03(3813)2884 FAX 03(3818)0728 E-mail:info@tatsuken.biz  お問い合わせ 
施工地域:文京区、千代田区、新宿区、中央区、豊島区、台東区、荒川区、墨田区、葛飾区を中心とした23区または車で1時間圏内が目安です。
その他の地域の方もご相談ください。