木の家

木の家

木をふんだんに活かした家造りをしています。
本物の木の温かみは何者にも代えがたく、その香りと肌触りに癒やされるものです。
当社では、日本の森の資源を活かすために、国産杉フローリングを標準仕様にしています。杉は大変に柔らかく傷がつきやすい素材ですが、温かく足ざわりが良いのが特徴です。
これまでスリッパを使われていた方も、素足で歩きたくなる心地よさ。素足の生活は、脳への刺激になるらしい?!というおまけ付きです(笑)
その他、国産桧、やっぱり傷が気になるという方には硬いナラフローリングもご用意しております。

当社設計施工一例
木の注文住宅・リフォーム

毎回、お客様と会話をさせていただきながら作る家やリフォームは、お子様にも楽しい空間もご提案します。
姉弟に色分けされたオーダーのロフト階段を作ったり、ハンモックを取り付てみたり、ちょっと楽しい家を、お客様と一緒に作っています。
塗装材には、子供用玩具にも使用されている、舐めても安全な自然塗料リボスを採用しています。

木の注文住宅・リフォーム

日本の森の資源を守るためにはまず森を知ろう!と、森林伐採ツアーに参加した様子です。
本当に微力ですが、少しでも森を守るお手伝いができればと思っています。
木の注文住宅・リフォーム

工法 木軸在来工法

木軸(柱×梁)からなる日本の伝統的な工法です。
日本古来より高温多湿の日本の気候風土に適していますし、なにより無垢の木の強さには昔からの知恵と安心があります。無垢材は、適材適所に使用すれば、耐久性に優れています。また、間取りや増築が比較的自由にできることも魅力です。
可能な限り構造材なども、紀州桧や杉など国産木材を使用したいと思っています。

その他、狭小地や木造三階建では、大空間が取りやすい耐震構法 SE構法も採用しております。

こだわり

素材の持つ長所短所を理解して使えば、自然素材は私達の暮らしに安らぎを与えてくれるものと思います。
気候によって変化したり、木材は伐採した後も呼吸しているので伸び縮みしたりします。
毎日暮らす家だからこそ、メインテナンスをしながら、自然に少し歩み寄ってみる生活はいかがでしょうか。

素材へのこだわり1

無垢フローリング
無垢材は暖かいものです。複合フローリングのようなヒヤっとする感じがありません。傷も補修できますが、傷も味のある床になります。

素材へのこだわり2

壁は左官材をオススメ
壁には漆喰や珪藻土、シラス壁など自然素材での左官仕上げの自然素材を使うようにしています。調湿効果などに加え、人の手による塗り壁は柔らかな雰囲気になります。

素材へのこだわり3

枠材も無垢で
意外に気がつかないポイントなのですが、窓枠も木で作成するだけでぐっと空間が変わります。とくにマンションなどでは効果絶大なのです。

このページのトップへ
木の注文住宅・リノベーション・店舗改装なら、東京・文京区菊坂の工務店
株式会社 辰建
Tatsuken Co Ltd.
〒113-0033 東京都文京区本郷4-34-15 TEL 03(3813)2884 FAX 03(3818)0728 E-mail:info@tatsuken.biz  お問い合わせ 
施工地域:文京区、千代田区、新宿区、中央区、豊島区、台東区、荒川区、墨田区、葛飾区を中心とした23区または車で1時間圏内が目安です。
その他の地域の方もご相談ください。